何がキリスト教の答えを新?

聖書には恐竜について書かれているか?

See this page in: English

Behemoth Dinosaur

書には恐竜のような生き物について述べられているところがあります。「ベヘモット」とか「タンニン」という名前が聖書では使われています。ベヘモットというのは、堂々として巨大な獣という意味です。タンニンという言葉は、竜のような動物や、クジラや巨大イカのような大きな海の生き物、そして絶滅した首長竜のような海生爬虫類を意味します。

恐竜のような動物については、聖書のヨブ記の第40章に最もよく書かれています。「見よ。ベヘモットを。お前を造ったわたしはこの獣をも造った。これは牛のように草を食べる。見よ、腰の力と腹筋の勢いを。尾は杉の枝のようにたわみ、腿の筋は固く絡み合っている。骨は青銅の管、骨組みは鋼鉄の棒を組み合わせたようだ。これこそ神の傑作…(ヨブ記40:15-19、新共同訳)」ヨブ記は非常に古く、おそらくイエスが生まれた2千年ほど前に書かれました。ここで神様は、巨大な恐竜ディプロドクスやアパトザウルス(Apatosaurus)のような、堂々たる陸上の動物の王について述べていらっしゃいます。それは大きい筋肉と非常に強い骨を持った、巨大な草食動物だったのです。長いディプロドクスは足の骨が非常に強く、ディプロドクス3頭を背中に乗せることができたでしょう。

ベヘモットは恐れませんでした。巨大だったのですから恐れる必要はありませんでした。その尾はとても長く強く、神様はその尾を杉に例えておられます。杉というのは古代では最も大きく、壮観な木でした。

ベヘモットがすべて死に絶えたあと、多くの人はこの生き物のことを忘れてしまいました。恐竜は絶滅し、今日博物館にある化石の骨は150年前まで組み合わせられることがありませんでした。今日、聖書に出てくるベヘモットは、象かカバではないかと間違って推測した人もいます。しかし、象やカバは太くて大きな杉の木の幹のような尾は持っていません。はっきりとは言えませんが、恐竜は実際に聖書に書かれているのかもしれません。このことを変に思う必要はありません。なぜなら、神様はすべての陸上動物を創造の六日目にお造りになったとおっしゃっています。同じ日に神様は人間もお造りになりました。人類と恐竜は同時に生きていたのです。恐竜が地球を支配したことは一度もありません。創造の初めから神様はすべて造られたもの、つまり恐竜でさえも支配する権利を人間にお与えになったのです。

Go to The Great Dinosaur Mystery Online
Learn more about dinosaurs at the Great Dinosaur Mystery Online

恐--ウについてもっと詳しく知りたい方は、子供向けの-{でベストセラーのポール・S・テーラー著The Great Dinosaur Mystery and the Bible('蜍ー--ウのなぞと聖・-英語)をお勧めします。

Author: Paul S. Taylor, Films for Christ
著者: Films for Christ、ポール・S・テーラー

Copyright © 1995"N、すべての著作権はFilms for Christに帰'ョします。-ただし、 「使--pと著作権」 のページにあるように、ChristianAnswers.Netのユーザは、このページを自'﨟A個人の証しの場、教会、学校で--pいることができます。

Go to Films for Christ

ChristianAnswers.Net
Christian Answers Network
PO Box 1167
Marysville WA 98270-1167        

Index ChristianAnswers.Net
CAN Home
Shortcuts
ホームページディレクトリ
Christian Answers Network HOMEPAGE and DIRECTORY